不動産登記

不動産登記

不動産登記とは、土地や建物の不動産の現況(所在、地目、地積、構造、床面積等)とその所有権等の権利関係を法務局(登記所)の登記簿に登記することです。不動産の現況等の「表示に関する登記」は登記簿の表題部に、所有権等の「権利に関する登記」は登記簿の権利部に登記されます。
不動産は法務局(登記所)の登記簿に登記することで、その権利を保全できます。つまり、不動産登記は第三者に権利の主張をする対抗要件なのです。

建物の登記

建物表題登記
建物の「表示に関する登記」のうち、その建物について表題部に最初にされる登記をいいます。新築した建物の所有権を取得した人は、その所有権の取得の日から一月以内に、表題登記を申請しなければならないことになっています。
建物表題変更登記
建物の種類・構造・床面積等に変更があった場合に行う登記をいいます。変更があった日から一月以内に、変更登記を申請しなければならないことになっています。
建物滅失登記
建物を取り壊したとき等、建物が滅失した場合に行う登記をいいます。その滅失の日から一月以内に、その建物の滅失登記を申請しなければならないことになっています。

土地の登記

土地分筆登記
一筆を複数の筆に分けるときに行う登記です。 登記簿の表題部所有者または所有権の登記名義人以外の人は、申請することができないことになっています。
土地合筆登記
複数の筆を一筆にまとめるときに行う登記です。 登記簿の表題部所有者または所有権の登記名義人以外の人は、申請することができないことになっています。
土地地目変更登記
土地の地目を変更したときに行う登記です。地目について変更があったときは、表題部所有者又は所有権の登記名義人は、その変更があった日から一月以内に、その土地の地目に関する変更の登記を申請しなければならないことになっています。
土地地積更正登記
土地の地積に関する更正をしたときに行う登記です。土地地積関する更正の登記は、登記簿の表題部所有者または所有権の登記名義人以外の人は、申請することができないことになっています。